サバゲー入門

サバイバルゲームフィールドの特徴と魅力とは?-森林フィールド編

このブログではサバゲーを始めたい人や、サバゲーを始めて間もないけどサバゲーについてもっと知りたい人のために、サバゲーについての色んな情報をご案内しています。

今回は実際にサバゲーが行われている森林フィールドについてご説明をします。

サバゲーに参加したいけど、実際にどんなフィールドがあってどんな感じでゲームが進行しているのだろう?
そうだね!サバゲー未体験の人にとってはどんな環境でサバゲーが開催されているか知らないと不安だよね!。だからサバゲーフィールドについての紹介をするよ

自分が行きたいサバゲーフィールドについて知っておかなければ、装備品の色や迷彩服のパターンを決められません。

さらにサバゲーフィールドにはそれぞれ主催者側が独自に定めたローカルルールやレギュレーションがあります。

それにまして一番重要なのは、自分な目指すプレイスタイルとサバゲーフィールドの特性がマッチしているかどうかが大切です。

これらのことを踏まえながら、各フィールドについてのご案内をいたします。

フィールドの種類1、森林フィールド&屋外フィールド

サバゲー参加者サバゲーの参加者

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Zlodei2company.jpg

サバゲーっていうと山の中でやっているイメージが強いのだけど、森林フィールドの特徴ってどんなことかな?
そうだね!サバゲーの森林フィールドは他にない特徴があるから一つずつ説明していこう

森林フィールドの特徴1,ポジションの確保

サバゲー初心者が初めて森林フィールドでゲームをする時の最初の難関が「ポジションの確保」です。

その日のサバゲーが楽しめるかどうかは、このスタート時のポジションの確保にかかっています。

そしてこのポジションの確保に必要なのが、相手チームの進軍経路の予想なのです。

そのため、森林フィールドのゲームに参加する日には少し早めにフィールド入りして、予め下調べをしておきましょう。

この時に敵が通りそうなルートや相手側のスナイパーが隠れていそうな警戒ポイントを、予めチェックしておく事が重要です。

こんなふうにフィールドの全体図があると助かるね!
最近のサバゲーフィールドはこういった設備が充実しているのでいいよね!でも、あくまでも自分の足で確認することが重要だよ

森林フィールドの特徴2、自然が敵になる

森林フィールドが他のCQBやインドアといったフィールドと大きく違うのは、索敵の難しさにあります。

CQBやインドアならバリケードや通路の死角に敵が潜んでいることが多く、ある程度は索敵のポイントを絞れます。

しかし、森林フィールドでは、慣れるまで索敵のポイントが掴みづらいのです。

特に夏場では大きな木の幹や岩の影だけでなく、濃いブッシュも索敵の対象になります。

森林フィールドの風景に適した迷彩を着た相手が、ブッシュの中に潜んでいるとかなり見つけづらくなります。

森林フィールドの特徴3,ロング&ミドルレンジでの戦いが主流

インドアやCQBフィールドと違って撃ち合う距離が離れているね!
そうだね、だから森林フィールドでの戦いはロング&ミドルレンジでの撃ち合いが主体になるよ!

森林フィールドや屋外フィールドでは、敵と撃ち合う距離が20メートル以上のミドル&ロングレンジでの戦いが主体です。

そのため、使われるエアガンも電動アサルトライフルがほどんどです。

また、森林フィールドでは発射モードの制限がないため、フルオートでの射撃を思いっきり楽しめます。

特にハイサイクル電動ガンはインドアなどと違って、思い切り連射できるので、フルオートを楽しみたい方には楽しいフィールドと言えるでしょう。

ただ、ハイサイクルモデルでは油断をすると直ぐに弾切れになってしまうので、残弾の管理に注意してください。

森林フィールドの特徴4,スナイパーが手ぐすね引いて待ってるぞ!

森林フィールドにはスナイパーがかくれているのかな?
森林フィールドにはスナイパーが棲息しているんだよ、特にギリーを着たスナイパーは見つけにくいから厄介なのだ!

スナイパーにとって森林フィールドはブッシュに潜みやすく自然を味方にできるので戦いやすいフィールドです。

特にギリーや風景に溶け込む迷彩服を着た森林フィールドのスナイパーは、厄介な存在です。

現在のスナイパーライフルは電動ガンと初活力の差がないので、正面切って撃ち合えば電動ガンからフルボッコにされます。

 

そのため、スナイパーに憧れて森林フィールドでボルトアクションライフルを手にするサバゲー初心者は多いのですが、

サバゲーでのスナイパーの現実を知ると、大半の人がスナイパーから脱落していきます。

しかし、極稀にスナイパーを続ける人がいます。

こういった状況でスナイパーを続けられる人は、よほどのドMか凄腕です。

前者なら気にする必要はないのですが、もし後者なら隠れ方も巧みで、音も立てずに撃ってきます。

そういったスナイパーに巡り会えた時には、滅多にないチャンスだと思って、対スナイパー戦を楽しんでください。

森林フィールドの攻略法とは?

森林フィールドの特徴は少しわかったけど、ビギナーでも戦える攻略法はあるのかな?
基本的にはどのフィールドでも戦い方は同じなんだけど、森林フィールド特有の戦い方を幾つか説明するね

森林フィールド攻略法1,シッカリ隠れて索敵する

森林フィールドでの攻略法の1つ目は、敵に見つからないようにシッカリと隠れることです。

ただし、隠れると言っても闇雲に遮蔽物に張り付いていては、相手から発見されにくくても、自分も相手を見つけられません。

この「隠れる」と言うのは、相手からは自分が見えないが、自分からは相手の様子が窺いやすい状態をいうのです。

例えば、じぶんも相手も樹の幹をバリケード代わりに隠れていたとします。

この場合、中腰の姿勢で幹から顔を覗かせると即座に相手から発見されてしまいます。

しかし、木の幹の根本スレスレまで身体を屈めて索敵をすれば、相手の視線から外れた状態なので、被見率が下ります。

また、樹の幹に張り付いた状態で相手を探そうとすれば、木の幹で自分の視界が妨げられるために、頭をかなり横に動かさなければなりません。

しかし、樹の幹から1メートルほど後に離れれば、自分の視界が開けて、ほんの少し頭を動かすだけで、相手を見つけやすくなるのです。

この時に正面の敵から見た場合、あなたの姿は樹に遮られて相手の視界には入らないのです。

森林フィールドで相手から見えずに自分からは見つけやすいとは、こういう状況を指すのです。

遮蔽物から少し離れたほうが前にいる敵を探しやすいんだね。
そうなんだよ、この考え方は森林フィールドだけでなくインドアやCQBフィールドでも使えるよ。

森林フィールドの攻略法その2,敵を見つけても慌てて撃たない!

サバゲー経験の浅い人が慣れない森林フィールドでプレーをすると、最初のうちは敵の隠れているポイントを絞れないので索敵に苦労します。

そのような状況で稀に敵を見つけると、一挙にテンションが上がりすぐに射掛けてしまいがちです。

しかし、ちょっと待ってください。その敵は本当に1人ですか?周りに他の敵は潜んでいませんか?

森林フィールドアルアルで、サバゲー初心者が敵が1人だと思って攻撃したら、

周りに別の敵が潜んでいて、十字砲火を浴びせられてフルボッコされた!

というパターンがあります。

敵を見つけて、しかもその敵がこちらに気づいていない時は、思わず撃ちたくなるものですが、

森林フィールドで敵を見つけた時にはすぐに撃つのではなく、

一呼吸入れて周りをよく見回して見ましょう。

ほとんどのサバゲーマーはユニットを組んでお互いの死角をカバーしています。

焦って撃って返り討ちに合わないためにも、的確に周りの状況を判断できる冷静さを持ちましょう。

森林フィールドでは見つけた敵が1人だと決めつけないほうがいいんだね。
まず敵のメンバーのほとんどが、森林フィールドではユニットを組んでいると思ったほうが間違いない!できれば自分も単独よりは数人で一緒に動くほうがいいよ。

森林フィールドの攻略法その3、戦術を駆使する

森林フィールドの攻略法その2で、できれば数人で一緒に動くと述べましたが、ユニットを組む最大のメリットは「戦術」を駆使しやすいことです。

例えば、相手と撃ち合いながらゲームが膠着した時には、一旦後ろに下がって迂回するのも方法です。

後退すると見せかけてサイドやバックを取りに行くのもいいでしょう。

あるいは、撃ち負けたと見せかけて相手を誘い込み、仲間と連携して囲い込んでフルボッコするという方法も取れます。

森林フィールドではひたすら前に攻めるだけがサバゲーではありません。

この時に役立つのが無線やトランシーバーです。

数人の仲間と情報を共有すれば、見通しの悪い森林フィールドでも相手の位置や人数、

進行ルートなどが解りやすくなり、戦術が立てやすくなります。

この方法はエリアの広い森林フィールドだからできる戦い方です。

こういった遊び方ができるようになると、ただ相手と撃ち合うサバゲーよりも、1ステージ上のサバゲーを楽しめるようになるでしょう。

森林フィールドでは前に攻めるばかりがサバゲーの戦い方じゃないんだね。
そのとおりで、どうしても前の敵を撃破できない時には、一旦後退してから戦術を立て直すといいよ

森林フィールドの攻略法その4、なるべく音を立てない!

一口に森林フィールドと言っても1ゲームに200人前後の人が参加する有名有料フィールドのお祭りのようなゲームから、

広大なエリアを20人ぐらいの人数で息を潜めて位置を探り合う、プライベートフィールドでの緊張感あふれるゲームまでいろいろとあります。

これからご案内する攻略法は、後者の少人数ゲームに対してです。

フルオートで撃つのはサバゲーの醍醐味だよね!
そうだね、フルオートで撃つと楽しいよね、でもフルオートは使い所を誤ると自分の位置を教えてしまう両刃の剣だよ。

①撃つ時はセミオートをメインで!

初心者の頃は敵と撃ち合う時に、どうしてもフルオートで撃ちたくなるものです。

これは仕方ありません。

なぜならサバゲー参加者は自宅周りでは撃てないフルオートでの射撃を楽しみたくて、手間と暇とお金をかけてサバゲーに参加しているのですから。

しかし、静かな森林フィールドでフルオートを使うと、またたく間に自分の位置を敵全員に教えてしまうことになります。

そのためサバゲーでの経験を積むに従って、フルよりもバースト、バーストよりもセミオートでの射撃がメインとなってきます。

森林フィールドでは上手い人ほどセミオートでなるべく音を立てずに確実に相手を排除していきます。

稀に指切りによるバーストショットを使うこともありますが、

ベテランが森林フィールドでフルオート射撃をする場合は、

敵に囲まれた時に緊急回避として弾幕を張って敵の足を止め、

敵がひるんだ隙に即座にその場から移動します。

森林フィールドでのフルオート射撃は、

大声で敵に自分の居場所を教えているようなものだと認識してください。

②素早く移動したい時には風の音や射撃音にまぎれて

バックやサイドを取ってKILLした時ってそんなに楽しいの?
一度経験すれば解るよ、もう病み付きになりまっせ!(笑)

森林フィールドでは上級者ほど移動する時に自分が立てる音にも気を配ります。

息を潜めながら足音を立てないように必ず踵から地面に足をつけて移動してます。

そして時たま風が吹くときの音や、他の人が撃ち合う時の射撃音が鳴り響く時に、

音にまぎれて自分の気配を悟られないように動くのです。

上級者になるほど多弾数マガジンよりもスプリング式のノーマルマガジンを好むのも、

森林フィールドでの移動時にマガジン内のBB弾がジャラジャラと音を立てるのを嫌がるからです。

こうやって音を立てずに気配を消して、相手のバックやサイドを取れるようになると、

森林フィールドでのサバゲー戦術に幅が出てきます。

森林フィールドのまとめ

今回は森林フィールドの特徴と攻略法についてのご案内でした。

筆者の攻略法は大規模集客ができる大人数参加のゲームではあまり役に立ちません。

あくまでもプライベートフィールドでの少人数ゲームが対象であることをご了承ください。

ドアエントリーをする兵士
インドアサバゲーで楽しみやすいスタイルやインドアサバゲーの戦い方とは?インドアサバゲーとは屋内フィールドで行われるサバゲーです。単に屋外から屋内にフィールドが移るだけではなく、屋外のサバゲーではできない楽しみ方が一杯あります。インドアサバゲーならではの戦闘スタイルや戦い方のテクニック、屋外サバゲーよりも初心者向きであることをご説明します。...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です